So-net無料ブログ作成
検索選択

PCでDVDを焼く [パソコンメモ]

「2時間ちょいの動画をDVDに焼いてくれる?」
と言われ、VAIOでは確か付属のソフトで結構簡単に焼けたのでつい安請け合い。

 しかしwin8.01がダメなのかdynabookがダメなのか。
激しく迷走したので次にこのようなことがないように覚え書き。

・CyberLink MediaShow 6 for TOSHIBA

 チャプターを付けたかったんですね。
 で、ググってみたらMediaShow6の使い方の動画がいっぱい出ているページがあったので(そして何故かいまググっても全然出てこない謎)しばらく眺めていたのですが……あれ、何かインターフェイスが違うような?

 それでさらにしばらくググって辿り着いたのがこちら。
 http://support.cyberlink.jp/@tool/easydocs/
 違うんですね……その動画のMediashow6と「for TOSHIBA」のついたMediashow6は……
 激しくしょぼい上にPCにもう一つ動画編集ソフトと思しきものが入っていたためにMediashow終了。

・動画かんたん作成Loilo

 ああ! 体験版か! そうか!
 30日過ぎたら多分さようならです。絶対買わないと思います、性格上。
 となると使い方覚えるだけ時間の無駄……さようなら……

・ムービーメーカー

このへんではまだ時間に余裕があります。のでググる。
フリーソフトを探すつもりだったのですが、「DVDを焼く」という言葉に引っ掛かるのが『ムービーメーカー』。
PCに入っているらしい……けどない!
よくよく読んだらwin8は入っていないとのこと。
無料でインストールすることはできるけれど焼くことはできないっぽい(ちゃんと読んでないから裏技とかは知らない)。
あーあーXPは良かったなぁ、至れり尽くせりだったのになぁ。

・WinX DVD Author

もらったファイルがmovファイルだったので「movファイル DVDに焼く」で一番上にヒットしたのがこのソフト。
結構しっかりしたサイトっぽいからとりあえず目を通してみるけど欠点はなさそう。へー、覚えておこう。
で、次にヒットしたページは動画編集ソフトのランキングになっていて、こちらもWinX DVD Authorがぶっちぎりの1位。
2位以下のソフトには「家庭用プレーヤーで見られない」とか欠点があるのにWinX DVD Authorには欠点が書いていない。
書いていないとなると知りたいもので、「WinX DVD Author 欠点」でググったら……
なんかヤバいソフトらしいwww
「危ない」「いい評判を聞かない」「私だったら絶対使いません」
よくよく検索結果を見たら検索ヒット上位3位まで同じドメインのサイトだった件。
危ない危ない。

 ・XMedia Record

だんだん面倒くさくなってきたので知恵袋で一番最初に紹介されたソフトをとりあえず落としてみよう、とこれを。
しかし詳しく説明しているページをググっている最中
「XMedia Recordはあくまで変換ソフトであって焼くソフトではない」
という言葉を見て終了。

・DVD Flick

ここまでで一番見た名前がこれだったので。
素晴らしく詳しく解説してくれているページがあったので
http://dvd-flick.nnn2.com/?p=359
こちらを参考にDL&セットアッ……ああ!
DVD Flickも正確にはXmedia Recordと同じく変換するソフトで、焼くのは同梱のImgBurnというソフトの役目らしく、そのImgBurnのバージョンが古くて不具合があるのでバージョンアップを強く進めているのですが……

ノートン先生が邪魔して入れられない!!
いっそ切ってしまおうかとも思ったけれど、あからさまにウイルス扱いしているレポートを見ると結構怖い……
フリーソフトやっぱり怖い……終了。

 ・Loilo再び

そろそろ期限が気になり始めてきたので、もうここはとりあえず今後のことは考えずに今目の前にある動画だけ焼いてしまおう!
と、体験版Loiloを起動。

結構さくさく動くしチュートリアルがしっかりしていて……というかどこまでもチュートリアルがついてきて、言われた通りにやれば何となくできそうな気配。
おお、これはいいじゃないか!

と、思ったのもつかの間、いざ件の2時間を超えるファイルをブッ込んでみたら最初の3分ほどしか編集できない。
いや、絶対調べれば出てくるんでしょうけれどもね、出てくるんでしょうけれど、時間がもったいない。
だってもう使わなくなるソフトだし、どうせ調べながらやるんだったら今後も使えるあっちにしますよと終了。

・CyberLink MediaShow 6 for TOSHIBA再び

もうこの際チャプタとかどうでもいいです。焼いてありゃいいんです。
こうなりゃ動画で見た素晴らしく多機能で賢いMediaShow6なんぞより、画面もメニューも少ないfor TOSHIBAの方が使いやすいってなもんです。
と、だいぶ投げやり。

しかしながら自動明度調整とかなかなか賢いし、チャプタが作れないならファイルを分割してファイルに名前を付ければ……とカット編集をしてみたら、何か普通にメニューにファイル名が出てきて選べるようになってたから全く問題なかったorz

問題はここからでした。こいつフリーズしても全く分からない!
最初に切った部分は再生時間くらいで変換できたのに、次に切った部分が何故か43%のまま30分も1時間も粘りまくる。
でも『応答なし』とかの表示も出てないし、ハードディスクもゴリゴリずっと動いてるし、残り時間や経過時間の数字もちゃんと問題なく変わってる??
仕方がないから「変換後シャットダウンする」みたいなところにチェックを入れて就寝。
朝起きて見たら順調にPCはつきっぱなしで43%のまま経過時間7時間w
怒り狂ってキャンセルして再試行したら10分で終わりました。腹立つわ~!

な、の、で、す、が。
とりあえず3つほどファイルを切り離して試しにRWに焼いてみようと思ったら、何度やってもディスクのフォーマットが99%から先に進まない。
ググってみたらどうもそういう症状の人が多いらしく、そして彼らの解決策は「諦める」\(^o^)/
さようならMediaShow! もう開くことはないでしょう!

・XMedia Record再び

こちらのページで
kozugekere
XMediaともうひとつ何か焼くためのソフトを使ってDVDを作る方法を紹介してくれていたので、この際この方のおっしゃるとおりにやってみようと再び起動。

おお、なんてこった! LoiloやMediaShowなど比べ物にならんくらい早い!
さくさく変換するし、その上カットするにも時間部分に入力ができるので(MediaShowはできなかった)使いやすい!

・DVD Styler

手順通りにDVD StylerをDLし、作業続行。
プレビュー的なものが一切ないからかなり戸惑うけれど、上記URLを参考に書き込み完了!

ところがまた( ノД`)

書き込むことはできるけど、家庭用のプレーヤーに突っ込んでみたら
『このディスクは既定のフォーマットがされていません。再生できません。』
と拒否られる。

仕方がないので 『このディスクは既定のフォーマットがされていません。再生できません。 DVD Styler』で検索w
したらばソフトなど使わずにISOファイルの書き込み機能を使ったらどうだね、というページに到達。
Windows 10/8.1/8/7でISOファイルを書き込む手順について
ものすごく気が進まない。しかしもし万が一できるのだったら万々歳。

いやまあ、普通に右クリックで書き込みを選ぶだけなんですけれどもね。
……で、とりあえずやってみたら1時間くらい書き込んでいるふりをした後「フォーマットに失敗しました」的なエラーで終了。
Windowsなんてこんなもんです。

現在ここ……


nice!(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。