So-net無料ブログ作成
検索選択

サービスホスト:ローカルサービス(ネットワーク制限付き)※未解決 [パソコンメモ]

 容量たっぷりのPC(というか今までが少なすぎただけ)に買い替えてから、時折ストレスはあるもののほぼ問題なく使えていたというのに、ここのところ急に懐かしのタスクマネージャーと睨めっこしたり、電源ボタンを長押ししての本気の最終手段の強制終了をするしかなくなったりという事態が頻発。
 主犯は主にYahoo!BB(モデム交換で壊れたモデムを送ってくる)とNorton先生(アップデートするまであちこちに不具合を起こさせる。わざとか?)なのですが、それに隠れて悪さをしているプロセスもちらほら。
 そろそろいい加減こういう雑魚キャラ達をつぶすか、と重い腰を上げることに。

 そんなわけで本日はここのところ一番ウザいと感じていたサービスホスト:ローカルサービス(ネットワーク制限付き)なるプロセス。
 こちらの記事を参考にさせていただきました。
 【PC】 サービスホスト:ローカルサービス(ネットワーク制限付き)のメモリ馬鹿食いを撲滅せよ 【Windows 10】
 私のこのブログはただのメモなので実際に何とかしようと思っている方は上記サイトのようなちゃんとした知識を持った方の記事を参考にしてくださいw

 まず「ホームグループ関連のサービス」とあるのですが、そもそもホームグループというのが何だか分からない。
 数か月前に買い替えたプリンタはWi-Fi接続だし、TVにつないでいるハードディスクレコーダもWi-Fiでつながってるっちゃあつながってるし、それともデータの共有ということならiPhoneとはそんな感じだけど、こいつはDropBoxとかOneDriveとかのオンラインストレージかUSB接続して手動でバックアップとるとかそんなだけど、どれかがそのホームグループとやらに抵触しているのか?

 マイクロソフトの「ホームグループとは」の説明を見ると

ホームグループは、ホーム ネットワーク上の PC
のグループで、ファイルやプリンターを共有できます。ホームグループを使うと、共有をより簡単に行うことができます。画像、音楽、ビデオ、ドキュメント、およびプリンターをホームグループ上の他のユーザーと共有できます。
ホームグループはパスワードで保護されます。このパスワードはいつでも変更できます。共有ファイルの所有者が許可しない限り、他のユーザーは共有ファイルの内容を変更できません。
ホームグループを作成するかホームグループに参加した後、共有するライブラリ (マイ ピクチャやマイ ドキュメントなど) を選択します。特定のファイルやフォルダーを共有から除外したり、後から他のライブラリを追加で共有したりできます。
ホームグループは、Windows 7Windows 8.1、Windows RT 8.1、Windows 7 で利用できます。Windows RT 8.1 を実行している PC では、ホームグループに参加することはできますが、ホームグループを作成したり、コンテンツをホームグループに共有したりすることはできません。Windows 7 Starter および Windows 7 Home Basic では、ホームグループに参加することはできますが、ホームグループを作成することはできません。

 すいません、多分私が聞きたいこととはちょっと違うんだと思いますwあざっしたw
 というわけで常に左下で「何でも聞いてください」と主張しているコルタナさんに「ホームグループ」と入力してみるけれど「ホームグループ-webを検索」としか出てこない……

 コルタナさんにまずコントロールパネルを開いてもらい、先ほどのブログを見ながら「システムとセキュリティ」を開こうとしたら、その下の「ネットワークとインターネット」の項目にしれっと「ホームグループ」の文字が。
Art017.jpg

 コルタナ、仕事しろ!

 改めて「ネットワークとインターネット」→「ホームグループと共有に関するオプションの選択」 を開いてみると

Art018.jpg

 「このコンピューターはホームグループに接続していません」
 ではなく
 「このコンピューターはホームグループに接続できません
 ときた。
 まあいい。とにかくホームグループと無縁なことが分かればそれで。泣いてなんかない。

 さて、では晴れてコントロールパネルに戻り、「システムとセキュリティ」→「管理ツール」を開き、「サービス」を探してダブルクリック。
 「HomeGroup Listener」をダブルクリックしてプロパティを開いてみると

Art019.jpg

 あれ、停止になっておりますが?!
 とりあえず手動になっていたスタートアップの種類を「無効」にして適用→OK
 「HomeGroup provider」も同様ですが、停止になっていたならこいつが犯人ではなさそうな?

 他にもいろいろ検索してみますが、やはりこのプロセスが重い場合は

コントロール パネル>ネットワークとインターネット>ホームグループで「ホームグループへの参加の終了」を選択

 が定石らしい。それでなおるらしい。
 しかし私のPCはホームグループへ参加もしていないのにメモリをバカ食いしている!

 さらにねちねちとググり続けると「Windows Superfetch」なるプロセスの存在が浮上してきましたが、ものもらいが痛いのでこちらはまた次の機会に←

 


nice!(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。